塵も積もれば大和成る

色々と喋ります。書いてる内容がフラッフラですがお許しを

ロクデナシ

ザ・ブルーハーツを久々に聴いた。

ウォークマンにそれこそ何人もアーティストがいて、その日の気分で聴きたいものを聴くとなると、ある程度長い間この曲聴いてなかった…ということがあるわけだが、今回ブルーハーツがそうだった。

ブルーハーツと言えば、恐らく知らない人はほとんどいないのでは無いだろうかと思う。名を聞いたことが無くとも、「リンダリンダ」や「情熱の薔薇」「人に優しく」「TRAIN- TRAIN」「1000のバイオリン」くらいのフレーズはきっとどこかで耳にしている。
事実ブルーハーツを知らない友人にも、「ヒマラヤほど〜の〜」「真っ赤なバ〜ラを〜」と言えば、「あっ、あれかぁ!」という反応が返ってくることが殆どだ。

僕が一番初めにハマったアーティストというのが彼らだ。小学五年生の夏、生まれて初めてCDを買ったのも、一日中聴いていたのも、鮮明に覚えている。
テーマも、叫びも、メロディーラインも、何もかもがスッと入り込んで来て一気に虜になった。それこそ小学生当時の僕は、ある種学校という環境に対してずっと嫌気を抱え込んでいたため、そういうのも手伝って好きになったのかもしれない。



で、当時の僕が一番何に夢中になったかと言えば、「ロクデナシ」だったのである。

以下は一番〜サビの歌詞。気になった方は是非原曲を聴いて欲しいと思う。

役立たずと罵られて 最低と人に言われて
要領よく返事できず 愛想笑いも作れない

死んじまえと罵られて このバカと人に言われて
うまい具合に世の中と やって行くことも出来ない

全てのボクのようなロクデナシのために
この星はグルグルと回る
劣等生でじゅうぶんだ はみだし者で構わない

僕自身この頃ずっとあらゆる面で自身に辟易していたし、屈託に沈んでいた。
それがどうしたことか、久しぶりに「ロクデナシ」を聴いて、あの当時、初めてブルーハーツの曲に巡り会えた瞬間の高揚感と開放感。
それをまた今日の日に味わえるとは。

今この記事もブルーハーツを聴きながら書いていて、あの時の新鮮さを感じている。
ブルーハーツの歌は、優しくて強い。
今までもこれからも好きでい続けるだろうし、僕らの味方なんだと、そう思う。



ダラダラな文章になってしまった。
結局何が言いたかったかと言えば、「ブルーハーツ聴いてくれ」って事である。