塵も積もれば大和成る

色々と喋ります。書いてる内容がフラッフラですがお許しを

「灼眼のシャナ」のアニメを全部見た話(前編)

記事を書くのがめちゃくちゃ久しぶりです。

ぼーあです。

 

今回はタイトル通り、あの有名作「灼眼のシャナ」のアニメを1~3期まで見たのでその感想や、見ていて感じたテーマ性などについて書きたいと思います。

 

 

僕はここ数年、全然アニメを見なくなってしまい、殊更ライトノベルなどのソレには全然触れなくなってしまったのですが、知人に「絶対面白いからよ!見ようぜ!」と呼ばれたことをきっかけに、「まぁたまにはいいか」とDVDを一緒に見ることとなったわけです。

で、これが非常に面白かった。

特に物語が収束する3期に至ってはもう圧巻の出来という他なく、実際先ほど見終わってから興奮やまぬ状態でこうして記事を書いている次第です。

色々と言いたいことはあるのですが、今回の記事ではとりあえず以下に、僕が感じたこの作品の根幹のテーマ性(だと思われるもの)について印象的だったものを記していきたいと思います。(長くなってしまったのでとりあえず二つだけ)

 

*ネタバレを含みます。灼眼のシャナ未履修の方はご注意をば。

 

 

 

1.愛、恋愛感情について

まず印象的だったこと。自分はこの作品を流行った時代背景的なことも考えて「とあるシリーズ」のようなバトル主体の話が展開されると思っていました。

が、実際はそうではなく、(確かにバトルは要素として存在はするが)話の本筋は登場人物同士の人間関係、とりわけ愛や恋愛感情に焦点を当て、そこを徹底的に丁寧に描写するといった作風がとられています。

細かいことはキャラクター論になってしまうのでここでは割愛する(次の記事で描きたい)のですが、恋愛描写に関係のないキャラクターがほとんど存在しない。いずれのキャラクターも大なり小なり恋人がいたり好きな人がいたり、恋愛に関してのトラウマや思い出を抱えているわけです。

シリーズを通して主に描かれるのには「シャナと悠二」「マージョリーと佐藤」「悠二と吉田」「坂井家夫妻」などの要素がありますが、特に印象的だったのは「口同士のキス」。

このキーワードが登場するのは1期11話、回収されるのは3期最終話とまぁ大変時間がかかるわけですが、とりわけ11話はキスの定義、どういったものなのかについての考察がシャナと千草を通してなされます。これにとても時間がかけられており、「キス」が本作品における大きなキーワードとして成立してくる一つの理由になっていると考えます。

「あやふやで完全な答えがない…そう、心や感情のお話」

「キスって言っても、ほっぺにするのと、口と口でするのはかなり意味が違うのよ」

「口と口のキスは、誓いのようなものだって。自分のすべてに近づけてもいい。自分のすべてを任せてもいい。そう誓う行為」

                       ――アニメ「灼眼のシャナ」11話より

 これはシャナがキスの意味を千草に聞いた時のそれに対する返答ですが、ここでの話が作品世界すべてに適用されています。

それは約束の二人(エンゲージ・リンク)であり、ソラトとティリエルであり、マージョリーと佐藤であり、なによりシャナと悠二そのものです。

「お互いが自分のすべてを相手にさらけ出せる関係性にある」=「口と口のキス」という図式が展開されているわけです。

これは作品世界の人間関係を表す方法として非常に重要でありつつも効果的であり、分かりやすい要素であると言えるでしょう(実際最終回のEDに入るあのシーンは本当に良かった。ラミーさん粋すぎるでしょ…)

3期ではその本質に益々触れていき、上記の関係が「愛」そのものであるという風に結論付けられるわけですが、ここまで作品を通して愛について真正面から向き合って語る作品、素晴らしいの一言に尽きます。


2.アイデンティティ確立と親離れ

 青年期を描く作品として、キャラクターが自身のアイデンティティ確立をしたり、それに伴って親離れをしていく、というのは一つのイニシエーションであると僕は思っているのですが、大抵それは本質的なテーマの隅で少しだけ描写されるような副次的テーマであったりするわけです。

そういう意味でこの事に対して腰を据え、(特に坂井悠二佐藤啓作というキャラクターについて)ガッツリ尺を取って描写した「灼眼のシャナ」という作品は、僕個人こういうテーマを愛しているということもあり、とても好みのものでした。(「stand by me」「ぼくらの」惡の華」「月がきれい」あたりの作品が大好きなのも多分それ)

 

悠二も佐藤も、最後には想いを共にする相手と添い遂げるわけですが、その過程で「相手以外のほとんど全て」を切り捨てる形となっています(特に悠二に関しては顕著)。

これが作品の非常に重要な要素になっていると僕は考えます。

青年期においてのアイデンティティ確立は重要でありつつ最優先といってもいい程の課題であり、全ての人間がこれに悩まされ、時間を使うといっても過言ではありません。

 

そして、アイデンティティを確立する過程では、どうしても心理的なモラトリアムが必要になって来ます。このモラトリアムが悠二にとってはこれが「死んでシャナと会ってから」、佐藤にとっては「マージョリーに会ってから」始まり、「作品世界の終結と共に」終わるわけです。

 

このモラトリアムを通して両者は様々な経験を積み、自分に何が出来るのかを考え、人を愛し、各々の結論を出していきます(もちろんシャナ、吉田さん、田中などといったキャラクターもそれに該当する)。

これはエリクソンの発達課題から見ても青年期~初期成年期における段階を非常に健全に(?)攻略しており、そういった意味でも非常に感心させられました。

 

また、結論を出す以上、モラトリアムは取捨選択の期間、言い換えれば「何を選び取り、何を切り捨てるか」の時期でもあるわけです。

両者はこの過程で、一番わかりやすく「両親と共にある可能性」を切り捨てているわけです(佐藤については元々のこともあり少し微妙ですが)。これはそのまま親離れの意味と同義でとれるのではないでしょうか。

個人的なことを言えば、この「両親よりも想い人を選択する」という展開自体が非常に好みであり(「最終兵器彼女」の最終巻でシュウジが両親を見捨ててちせの元へ向かうシーンが特に印象深い)、また、これは先に述べた「愛と恋愛感情」の話にも繋がってくると考えます。差異はあれど、多くの結婚し、家庭を持っている人間は少なくとも両親よりも想い人を優先しているわけですから。

悠二と佐藤はまさにその選択をしているわけです。最終話にはそんな意味もあって、一つのもの悲しさを覚えると同時に両者の覚悟を感じて胸が熱くなりもしました。

 

 

今回はこんなところで。

記事が長くなってしまったので、他にも書き進めている部分はあるのですがとりあえずこれだけ前編として投稿したいと思います。(前編シュドナイ

では。読んでいただいてありがとうございました。

インフルエンザ

タイトルの通りである。
かかってしまった。ちなみにB型でした。

朝起きた時、身体の異常なだるさ重さを感じてなんとなく「あ、こいつはインフルだろうな…」と思いながら病院に行った。
最後にインフル発症したのはいつだっけなぁとボンヤリ考えながらバスに乗る。多分中学一年生の時以来だと思う。
我ながら身体は丈夫な方だと思うしあまり体調崩すことも無いので半ばびっくりしていた。

B型判定を受けたのち、医者で薬を、薬局で水やら簡単な食料やらを買い込んで帰宅。この頃には意識飛びかけてました。インフルの時一人で行動するのキツすぎる。脈拍130とかあったしね。


今はもう完治しつつあるわけですが、この一週間近く、ぼーっと寝ながら色んなことを考えていた。
どうしてこのタイミングで、とか
学業方面がヤバイよなぁ、とか
バイト先に迷惑かけてんなぁ、とか。

それはもう凄く思考をしたわけで。
普段何も考えていないわけじゃないけど、ここまで冷静に自身の身の振り方を考え直したのは久しぶりというか。
特に、最近凄く追い詰められてたことに対してちゃんと向き合う時間をインフルがくれた(?)のかなぁなんて思った。


ベッドから窓を眺めてみるといつもと同じ空が広がってるのに、なんだかそれが凄く綺麗に思えて、空を見てる余裕すら無くなってたんだなぁってなんとなく感じる。
僕は多分割と空というものが好きで、高校生の頃は空が綺麗だとかそんなことで文集まで書いていたし、そんな気持ちすら忘れたのかと。


駄文になってしまいましたが(微熱のせいか?)、ゆっくり考える時間を与えられてインフルも悪くないなって思った、そんな話でした。

あいも変わらずちょいと実生活がピンチですがなんとか生きていきます。同人イベとか申し込んじゃったしね。

それではまた。
流行ってるらしいので、皆さまもインフルなどなどにはお気をつけて。

新年

どうも。ぼーあです。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

…明けてしまった。年が。

いや、ホントに年々時間の経過が早くなってる気がする。

 

今年の抱負…なのだが、学業方面をどうにかしたい(毎年言ってる気がする)。

色々と追い込まれつつあるので。あと、もうちっと絵が上手くなりたい。同人イベントとかも可能な限りどしどし出ていきたいなーなどと考えている。

 

ところで”時間の経過”についての話なのだが、先日高校時代の担任と話した際、

「1歳児にとっての一年は生きてきた時間のうちの100%なのに対して、20歳にとっての1年は生きてきた時間のうちの5%なんだから体感時間が短くなるのはある意味妥当なんじゃねぇの」

と言われて、あぁ、それも一理ある…のか?と思った。

n歳から(n+1)歳に移るときの前年度に対する時間経過のスピードは{\displaystyle (n+1)/n }となるということになる。あながち間違っている気がしないでもない。

 

なんにせよ今年一年も大切に過ごしたいものである。

ではまた。

 

f:id:bohr_monopole:20180102181402p:plain

「月がきれい」を見た話(ネタバレなし)

 「月がきれい」というフレーズを耳にした際、「あぁ、夏目漱石の」となる人間は存外多いのではないだろうか。僕もつい昨日まではそうだった。

 

なぜ突然こんな話をしているのかと言えば、アニメ作品「月がきれい」を見て、尚且つ今そのことしか頭に浮かばないほどに思考を占有されているためである。

「BD-BOXを買ったんだ。すごく面白いからぼーあも見よう」と言われて先輩にのこのこと付いていった時の僕も、まさか視聴後24時間以内に劇中曲、BDBOX共に購入をしてしまうとは思っていなかった。

それほどまでに「月がきれい」という作品は非常に魅力的であり、様々なことを考えさせられるものであった。

まだこの素晴らしい作品を見ていない人に一刻も早くこの気持ちを伝えなければ、という思いで筆を執った(?)次第である。

 「月がきれい」への愛があふれるあまり思っていた以上に長文になってしまったが、読んで頂けたなら幸いである。

 

本記事は「月がきれい」の布教(?)を目的としたものであるため、以下にネタバレを避けて本作品の魅力を取り上げていく。もしこれがまだ視聴を迷っている方の一助となったなら、感謝の念に堪えない。

 

公式HP→

tsukigakirei.jp

 

 

まず簡単なあらすじ。

中学三年生の4~3月にかけて主人公(安曇小太郎くん)とヒロイン(水野茜ちゃん)が互いにいろいろな出来事と向き合いつつ、何かが変わっていく…というまぁよくある恋愛ものである。1クール12話構成という事で比較的見やすいボリュームであると言えよう。

 

1.人間関係
まずこれを抜きにしては語れないだろう。ことさら恋愛作品に関してはそうだ。

僕自身創作を(趣味とはいえ)行う身として感じるが、ストーリーというものは多くが「不和」を「円満」にしていくものである。不安定なエネルギー状態を安定な状態、すなわち平衡状態へと導く中でドラマが生まれてゆくのであるが、恋愛作品の場合これは簡単に言ってしまえば「恋人関係を結んでいない二人」が「恋人関係を結ぶ、ないし、恋愛を通して人間関係に何かしらの変化が起こる」ということになる。

 

この最初の不安定な状態(のエネルギーギャップ)をどうするのかと言えば、本作の場合これが「所属集団の違い」となるのだ。

この「所属集団の違い」は様々な場面で登場し、まず小太郎くんが「幽霊部員だらけの文芸部」に所属している一方で茜ちゃんは「比較的全員やる気に満ち溢れている陸上部」に所属している。

また家庭環境も、小太郎くんの家庭は良くも悪くも地域性に強く根差しており「比較的コンサバティブな家庭」であるのに対して、茜ちゃんの家庭は父親が転勤族であったりもすることから「比較的プログレッシブな家庭」である。

そして何より「中学三年生、思春期における男女の違い」は大きい所属集団の違いとして立ちはだかるであろう。

その他にもさまざまな「所属の違い」がこの作品では描かれるのである(核心に触れるものも中にはある)。

互いの違いを認知し、受容していくのが恋愛の本質の内の一つなのではないかと僕は思うが、そういった意味で「月がきれい」は非常に恋愛作品映えする人間関係を描いていると思うのだ。

 

2.演出の巧みさ

特に’’引き’’がうまい。毎話視聴するたびに僕はそう思っていた。

作品というものはやはり続きが気になるように作らなければならないというのはある種当然なのであるが、「月がきれい」はストーリー全体としても、単話としても、

「何かが起こる→不和(エネルギーギャップ)が生じる→それに対してキャラクターがしっかりとリアクションを起こし、解決ないし何かしらの転換が行われる」

といったサイクルを丁寧に、本当に丁寧に行っていた。

ストーリーと演出が密接に絡んでおり、見ていて全く、それこそ一瞬たりとも飽きが来ないのだ。

もちろんストーリーも非常に完成されており、素晴らしい(ネタバレ回避のため多くは語れないが…)のであるが、演出がその魅力を100%引き出すことによって、僕や他の「月がきれい」ファンはそれにのめり込んでいったのだと思う。

カメラアングル、効果音、BGM、何をとってもキャラの心情や状況描写を的確にこちらへと届けるものになっており、その巧みさを是非まだ見ていない方々には味わってもらいたいと切に思う。

 

そして何より、その中でも「月がきれい」を代表する固有の演出、それが以下に述べる「劇中歌」と「EDについて」だ。


3.劇中歌

アニメーション作品というのは漫画や絵と違い、「音」による演出ができる。それはBGMであったりSE、演者のセリフなどであるのだが、「月がきれい」では、それに加えて「歌」が用いられていた。

ほとんど毎話、ストーリーの重要な場面に挿入されるもの(全てOP、ED曲と同様に東山奈央さんが歌っている)であるのだが、これがまぁなんとも効果的なのである。

どれも有名な恋愛ソングのカバーなのだが、カバー元の曲に詳しければそれがいかにシーンにぴったりの挿入歌だという事がわかるであろう。ただでさえ強く震わされた心を更につかんで離さないのだ。

僕は見ている間何度も息を詰まらせたし、何度も目頭が熱くなった。少なくともここしばらく、こんなに強く感情を動かされる作品に出会ってはいなかったし、「劇中歌」という要素がそういった作用に強く貢献しているのは間違いない。


4.EDについて

これが正直一番重要な要素だと言っても過言ではないかもしれない。

あなたはアニメ作品を見る時、普段そのOPやEDを飛ばしているだろうか?

もしそうであるならば、本作では絶対にそれをやってはいけない。

何故ならそのOPとED、特にEDは本作のストーリーを構成する非常に重要な要素になっているからだ。

 

その理由が分かるのは物語を最後まで見た時であり、ここで詳細に述べることは不可能であるが、それを知った時きっと大きなカタルシスを得ることが出来るであろう。そう僕は思う。

 

  • 最後に

今年一年、様々な作品に触れて様々な思いを張り巡らせて生きてきたが、その中でも特に「人と人との関係」について強く考えさせられた。

今年触れたもので鮮明に印象に残っているのが

である。いずれの作品も「人間関係」や「相互理解」、多くは「恋愛」「思春期」を強くテーマとして取り扱った作品であり、特にガンダム惡の華アマガミには強く人生観を揺さぶられすらした。

本記事で述べた「月がきれい」も例にもれず、人とは何なのか、相互理解とは何なのかと言ったことを強く考えさせられ、そしてそれに対して一つの解を提示してくれる作品であった。

この作品に出会えて本当に幸せだと思っている。 

 

最後になったが、「月がきれい」を企画、制作した全てのスタッフの方々、そしてそれを知り、視聴するきっかけを与えてくれた先輩に対しての感謝の念に堪えない。

 

クシャトリヤ製作記(1)

今回はこちら、「HGUC クシャトリヤ」を製作していきたいと思います。

 

HGUC 1/144 NZ-666 クシャトリヤ (機動戦士ガンダムUC)

HGUC 1/144 NZ-666 クシャトリヤ (機動戦士ガンダムUC)

 

 素組み自体は半年ほど前(?)に終わってまして、今回はこれをようやく完成(と自分で呼べる代物)にまでもっていきたいと思います。

 

素組みの写真がなくて(撮ってなかった)申し訳ないんですが、もう、これがデカイことデカイこと。MGかよ…

色分け自体は非常に良くて、部分塗装派の僕からしたらとても楽だな、と言う感じです。ただまぁ表面積がデカイので表面処理がね…と言う感じ。

 

まず、足部分(以下写真の画質が悪くて申し訳ないです💦)

目立った合わせ目も無いため、表面処理を施したのちにさっさと接着しちゃいました。

f:id:bohr_monopole:20171005124634j:image

 

肩関節部分。

目で見てわかる程度にヒケが目立ちましたので、これをある程度納得する部分まで消して、これも接着。

f:id:bohr_monopole:20171005124643j:image

で、さらにパーツを接着しました(緑のやつです)。こちら大きく合わせ目が出るためスチロール系接着剤でそれを消します。

一緒にある黒いパーツは脚のスネ部分のフレーム。

全部組んだ時、一部見える部分に合わせ目が出るため、ここも接着しました。

乾燥のため数日放置します。

f:id:bohr_monopole:20171005124654j:image

 

胸部分。

表に出るパーツの表面処理をし、接着。

緑部分には合わせ目が出るため、これも接着して数日放置します。

f:id:bohr_monopole:20171005124648j:image

 

胸部分の両脇に来る、肩の基部(?)。

目立った合わせ目はありませんでしたが、少し表に出る部分のヒケが気になりましたので、処理しました。

f:id:bohr_monopole:20171005124700j:image

 

今回の作業はここまで。

なかなか先が長そうですが、頑張って行きます。

 

では。

 

ガンプラ製作

めちゃくちゃお久しぶりです。ぼーあです。

日記みたいにやれればいいな、という感じで始めた当ブログですが、いや、全くもって更新してなかった。僕自身ですら忘れてたのは内緒です。


昔からですが、変に意気込むモノほどダメですね。「やるからにはちゃんとしたモノにしよう!」とか思ってるとやるのが億劫になって結局出来なくなっちゃう。テキトーに肩の力を抜いていきます。

 

さて本題。

僕の趣味の一つに去年あたりから始めた「ガンプラ」というのがあるんですが…

出来たものを写真撮ったりして載せたいなぁ、なんて思いつつ、カメラも全然勿体無いので億劫になってました。

 

が。「とりあえずやらない事には仕方ないよね」ということで、拙い画像や技術ながら、作業工程をチマチマと、完成まで載せていこうかなと思います。更新頻度も上がるしね…

 

と、いう事で。そんな感じでゆるゆるとガンプラ製作の事も書いていきます。お付き合い頂ければ幸いです。

 

ではでは。

 

最近のことや告知など

思った以上に時間が空きました。お久しぶりです。ぼーあです。

ブログは更新頻度がなんとやらなので、ちょくちょく更新はしていきたいものですね。

近頃は新しい年度も始まったという事でそれなりにわたわたしております。勉強もせねば。

 

そういえば、ブログタイトルを「塵も積もれば大和成る」にしました。アイデアは友人からもらったものですが、語感がよくて気に入ったので使わせてもらっております。

あと今これ書いてて気づいたんですが「恋愛サーキュレーション」の歌詞にメチャクチャ似てますね

 

春休みは本を読んだりガンプラ作ったりしておりました。またそのことは次の記事で描きたいと思います。

 

そしてご報告なのですが、

2017年6月11日(日)仙台市情報産業プラザ(AER:アエル)、五階多目的ホールで開催される杜の奇跡26」にサークル「ものぽーる本舗」で参加することになりました!

艦隊これくしょん」のキャラクターである、敷波の本を出す予定です。詳細はまた追ってお伝えしますが、そういうわけでどうぞよろしくお願いいたします。

http://mori-kiseki.com/list26-1.html

f:id:bohr_monopole:20170424002650p:plain

 

以下は最近投稿した絵などです。

【艦これ】「艦これワンドロまとめ vol.5」イラスト/ぼーあ(モノポール) [pixiv]

【艦これ】「ジャスティスな綾波」イラスト/ぼーあ(モノポール) [pixiv]

【艦これ】「フリーダムな敷波」イラスト/ぼーあ(モノポール) [pixiv]

 

それではまた。